MENU

突然の膝の痛みを緩和させる応急処置方法

急に膝が痛くなってしまった、けれど動かなければいけないという時は、痛みを軽減させる応急処置を行いましょう。ただし応急処置はあくまで一時的なものなので、すぐに病院へ行き、適切な診察と治療を受けてください。

 

痛み止めの摂取

 

膝の痛みをすぐに緩和させ、高い効果があるのが薬の摂取です。痛み止めは薬局で簡単に手に入るので、外出先の急な痛みでもすぐに対応出来ます。ただし痛み止めは常備薬として使用するのには向きません。薬によっては依存性があるので、痛み止めの摂取はあくまで一時的なものにしておきましょう。また痛み止めは痛みの原因を排除したことにはなりません。あくまで痛みを和らげるものなので、膝に負担のかかる動きはNGです。

 

アイシング

 

アイシングとは患部を冷やす治療法のことで、炎症性の膝の痛みに効果的です。打撲やねんざの応急処置にも使われます。氷と水を氷のうに入れ、空気をしっかりと抜いて患部に暫く置くだけの簡単な方法です。ただしアイシングは慢性的な膝の痛みには逆効果です。慢性的な膝の痛みは温める必要があるので、アイシングは急な膝の痛みに対してのみ使用するようにしましょう。

 

寝転がり膝を上げる

 

寝転がり膝を心臓より高い位置に上げることで、足に流れる血液量が減ります。血液量が減ることで痛みを軽減することが出来るので、自宅で急に膝の痛みが出た時にオススメの方法です。ただし膝を下ろして暫く立つとまた痛みが出てくるので、どうしても痛みに耐えきれないという時の応急処置に使いましょう。酷い場合は病院へ行くことをオススメします。