MENU

毎日のバスタイムでできる膝の痛み対策方法

膝の痛みを改善、緩和させる方法の一つにバスタイムの有効活用があります。毎日入るお風呂の時間を有効活用することで、膝の痛みに有効的な対策が出来ます。

 

入浴時の注意

 

膝の痛み改善には体を芯から温め、血行を促進する必要があります。そのためには湯船の温度や時間の調節が重要です。湯船の温度は38度から40度の少しぬるいくらいの温度に調節しましょう。湯船に長く浸かることが必要となるので、体に負担の少ないぬるま湯で眺めに浸かれるようにしましょう。

 

入浴時間は30分を目安に行いましょう。浸かりっぱなしではのぼせてしまうという方は、途中で半身浴にすると良いでしょう。半身浴をしている間は上半身が冷えやすい状態となっています。体を冷やさないようにタオルを肩にかけておきましょう。

 

入浴中に出来るマッサージ

 

まずお風呂の中で足を伸ばして座り、両手で片方の足首を持ちます。次に足首を体の方へ寄せ、10秒間キープします。膝に痛みが出ない範囲で動かしましょう。次にゆっくりと立ち上がり、動かした方の膝の皿に両手を置いて、足全体を伸ばすように10回押しましょう。もう片方の足も同様に行います。

 

膝の痛みが少なくなってきたら、お風呂の中で行うスクワットもオススメです。まずお風呂の縁に両手を置き、ゆっくりと立ち上がります。次に膝を痛くない程度に曲げて10秒間キープします。再びゆっくりと立ち上がり、両手を膝の皿に置き10回押します。足全体が伸びるように押しましょう。