MENU

正しい靴選びで膝の痛みを予防しよう

膝関節の痛みは普段履く靴にも深く関係してきます。痛みを感じないようにするための靴や痛みの原因となる歩き方をしてしまう靴を選ばないように、今回は膝の痛み対策のための正しい靴選びをご紹介します。

 

クッション材入りの靴

 

足に一番負担がかかるのが、歩いている時に地面へ着地する時です。この着地の衝撃を少しでも和らげるためには、クッション材入りの靴を選びましょう。クッションがあることで着地時の衝撃を和らげ、膝や足全体への負担が少なく済みます。

 

横幅がぴったりの靴

 

サイズは気にしても横幅は気にしたことがないという方は多いと思いますが、ピッタリとした横幅は正しい靴選びで重要なものです。幅が狭く締め付けのきつい靴は脚先の血行不良を招きますし、長時間履いていると痛みを感じてしまいます。横幅がゆるいと、歩いている時に転ばないように体が自然とバランスを取ろうとして、膝関節に負担がかかります。靴を選ぶ際は、まずはサイズより先に横幅がピッタリかどうかを確認しましょう。

 

かかとが丈夫な靴

 

歩いて着地する際に体を支えているのがかかとです。着地の際の衝撃が強いため、かかとが不安定だったり柔らかすぎる素材の靴ですと、膝に大きな負担がかかります。全体的に柔らかく履きやすい靴が良いという場合でも、かかとだけはある程度固い素材を使っている靴を選びましょう。また高すぎるピンヒールなど、かかとのバランスが取れにくい靴もなるべく避けましょう。