MENU

つらい膝の痛みにはお灸が効果的!

辛い膝の痛みには、お灸を使った治療法がオススメです。ツボにお灸を使うことで血行を促進し、痛みを緩和してくれます。

 

お灸を置く場所

 

膝の痛みを緩和させるには、ツボにお灸を置く必要があります。効果的なのが、山陰交、足三里、承山、湧泉です。山陰交は足の裏側のくるぶしから指四本分上の部分、足三里は膝の皿の下部分にあるくぼみのうち外側、承山はふくらはぎのへこみ部分、湧泉は足裏で一番へこんでいる部分にあります。この部分にお灸を置いて血行を促進することで、膝の痛み緩和に効果が期待出来ます。

 

お灸のやり方

 

お灸は病院で医師の手により受けることが出来ますが、自宅でも簡単に出来ます。

 

病院で行う場合、保険が効かない場合があるので、治療費が高くなることがあります。ただしプロの施術と専用の道具を使った治療を受けることが出来るので、高い効果が期待出来ます。またお灸で効果がない場合は他の治療法を選択することもできるので、初めてお灸をする方や、お灸以外にも治療法を試してみたい方、深刻な膝の痛みに悩んでいる方は医師と相談しながらの治療法を選びましょう。

 

自宅で出来るお灸は、自分の好きなタイミングで病院で受けるより安価に行えます。近年ではお灸の普及率も増えてきたので、火を使わずに簡単に出来るお灸など様々な種類の商品が販売されています。ドラッグストアや通販で簡単に手に入るので、自分に合ったお灸を探してみるのもオススメです。