MENU

膝の痛み改善に効果的なトレーニング方法

膝の痛みを予防、改善するためには、毎日のトレーニングが効果的です。トレーニングをすることで痛みの原因となる膝の筋力低下と関節の柔軟性の低下を予防出来ます。今回は、家で出来るトレーニングと外出先で出来るトレーニングの2つをご紹介します。

 

家で出来るトレーニング

 

家で出来るトレーニングは、体の筋肉がほぐれているお風呂上りに行うとより効果的です。まず仰向けに寝転がります。次に、片足を曲げて床に付け、もう片方の足は真っ直ぐに伸ばし、上へ上げます。少しだけお尻を床から離して3秒間キープします。これを両足3回ずつ行います。

 

ふくらはぎを鍛えるトレーニングも、膝の痛み予防、改善に効果的です。まず机の横に立ち、両手を置きます。次に、片方のかかとをゆっくり上げ下げします。これを10回、両足で行います。ふくらはぎ中心のトレーニングなので、膝が痛いときでも無理なく行えます。

 

外出先で出来るトレーニング

 

外出先で出来るトレーニングは移動中などの隙間時間にできる簡単なものです。習慣付けて、膝の痛み対策をしましょう。

 

移動中にできるのが片足立ちです。片足立ちでバランスを取ることで、下半身の筋力アップに繋がります。10秒ほど行ったらもう片方の足も行います。移動中に何回やっても良いので、膝に負担がかからない範囲で繰り返し行いましょう。

 

立った状態のまま膝を軽く曲げるスクワットもオススメです。通常のスクワットより動きをゆっくりにして、膝を曲げる角度も浅くしましょう。ただしこの動きは膝に痛みがある時はNGです。膝の痛み予防にのみ行いましょう。